1. HOME
  2. 公演案内
  3. プリモコンサート
  4. Piano Quintet

Piano Quintet

受付は終了しました。

第155回プリモコンサート

2月に続いてのピアノ五重奏企画。今回はダヴとショスタコーヴィチという、なかなか珍しい組み合わせです。

日時

  • 2021年3月21日(日)15:00開演(14:30開場)

出演

ヴァイオリン:上里はな子
2歳よりヴァイオリンを始め、史上二人目となる全日本学生音楽コンクール小学生の部・中学生の部全国第1位を成し遂げる。1990年豊橋市の文化振興特別賞を受賞。1994年第63回日本音楽コンクール入選。桐朋女子高校音楽科に首席で入学、1995年ウィーン国立音楽大学に入学。安田生命クオリティ・オブ・ライフ文化財団から助成を受ける。ウィーン国立音楽大学のソリストオーディションで優秀賞を獲得し、リサイタルを行う。また、ムジーク・フェラインでの大学オケの演奏会にも度々出演している。1997年パガニーニ国際ヴァイオリンコンクール第5位。2001年ヤッシャ・ハイフェッツ国際ヴァイオリンコンクール第2位、現在までの日本人唯一の入賞者である。8年間ウィーン国立音楽大学で学び、2001年に帰国。帰国後はリサイタルや室内楽と演奏等で全国を飛び回るかたわら、後進の指導にも力を入れている。 完璧な技術に裏打ちされたその深く美しい音色は、聴衆を魅了し続け、共演者からも高い信頼を得ている。
ヴァイオリン:近藤薫
©深堀 瑞穂
東京藝術大学をアカンサス賞を受賞して卒業後、同大学大学院修士課程修了。

在学中、藝大派遣によりウィーン音楽大学の夏期講習会に参加し、アルバン・ベルク、アマデウス、ハーゲン弦楽四重奏団のメンバーに学び、室内楽の分野でも研鑽を積む。キャラバンコンサート2002、2005に参加、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ、小澤征爾両氏より薫陶を受ける。国内のみならず、イタリア、ドイツ、オーストリア、スペイン、カナダ、中国、台湾などの各地に客演、透明感のある美しい音色、また、繊細さと力強さの両極をダイナミックに表現するその演奏は、各地で好評を獲てきた。

近年の活動としては、2015年から東京フィルハーモニー交響楽団コンサートマスターを務める他、フューチャー・オーケストラ・クラシックス(旧・ナガノ・チェンバー・オーケストラ)、バンクーバー・メトロポリタン・オーケストラでもコンサートマスターを務める。長野市芸術館シーズンプログラム・プロデューサーとしてリヴァラン弦楽四重奏団を主宰。東京大学先端研では先端アートデザイン分野の設置に尽力、現在、客員研究員としてアート的な感性による新しい社会概念の構築を目指す。

他にも西日本新聞紙上の随筆連載「金のおたまじゃくし」の執筆など、その活動は多岐にわたる。また、軽井沢音楽祭×軽井沢ニューアートミュージアム「アートはサイエンス」のプロデュース、新型コロナウィルス禍での世界初の試みとして各メディアから大きく取り上げられたYouTube動画”子どもたちと東京フィルが「運命」を本気でリモート演奏してみた”の企画配信など、プレーイング・プロデューサーとしても活躍している。

これまでに水野佐知香、岡山潔、松原勝也、ヴォルフガング・マルシュナー、海野義雄の各氏に師事。大幸財団、松尾財団より奨学金を授与。現在、東京フィルハーモニー交響楽団コンサートマスター、フューチャー・オーケストラ・クラシックス コンサートマスター、バンクーバー・メトロポリタン・オーケストラ首席客演コンサートマスター、長野市芸術館レジデントカルテット リヴァラン弦楽四重奏団主宰、全日本学生音楽コンクール、日本香港国際音楽コンクール、刈谷国際音楽コンクール 審査員、東京音楽大学 非常勤講師、東京大学先端研客員研究員。

東京フィルハーモニー交響楽団創設時のコンサートマスター近藤富雄は祖父で、三世代に渡ってヴァイオリニストという音楽家の家系に育つ。愛知県出身。

ヴィオラ:安藤裕子
第3回日本室内楽コンクール第1位。第52回ジュネーブ国際コンクールセミファイナリスト。第17回ヴィットリオ・グイ国際室内楽コンクールデュオ部門最高位。元東京シティフィル首席奏者。現在、紀尾井ホール室内管弦楽団メンバー。芸大フィルハーモニア管弦楽団首席奏者。東京芸術大学、洗足学園、聖徳学園非常勤講師。ヴィオラを菅沼準二、セルジュ・コロの各氏に師事。
チェロ:江口心一
3歳からバイオリンを始める。8歳でチェロに転向。 1992年 フランスのパリ国立高等音楽院に首席で入学。1997年パリ国立高等音楽院で一等賞(プルミエ・プリ)を獲得。2000年より東京都交響楽団団員。現在同交響楽団副首席。

ピアノとのデュオ「The DUO」、弦楽三重奏「菖蒲」、ピアノトリオ「東京トリオ」、「トリオナチュール」、「ローズタウントリオ」、弦楽四重奏「Ambition Quartetto」を結成するなど室内楽にも力を入れ、ソロ活動に関してはソロリサイタル、コンチェルトなどこれまでに数々のコンサートで演奏している。

リリースされたCDは「ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲集」「ジャパニーズチルドレンズソング・ヴァイオリン&チェロ」「20世紀の無伴奏チェロ作品」「日本弦楽三重奏曲の世界」「日本弦楽三重奏曲の世界2」「和 CELLO ~無伴奏作品集~」2017年7月 Dialogue ~涙の理由~

ピアノ:松本和将

第67回日本音楽コンクールに優勝し、併せて増沢賞はじめ全賞を受賞。
ブゾーニ国際ピアノコンクール第4位、エリーザベト王妃国際音楽コンクール第5位。
2006年、ベートーヴェン3大ピアノソナタで全国ツアー、2009年より3年連続で、オールショパンプログラム全国ツアーを行い、2016年よりリサイタルシリーズ「松本和将の世界音楽遺産」を開始。読売日響、新日本フィルなど国内主要オケと共演。前橋汀子、宮本文昭など多くのアーティストからの信頼を得、上里はな子・向井航とともにピアノトリオも組んでいる。これまでにレコード芸術の特選盤を含む20枚のCDをリリース。
公式HP:http://www.kaz-matsumoto.com

プログラム

  • ダヴ ピアノ五重奏曲
  • ショスタコーヴィチ ピアノ五重奏曲

チケット

チケットには「来場用チケット」と「ライブ配信チケット(おうちでプリモ)」の2種類がございます。

来場用チケット 5,000円(先着20席限定)

受付は終了しました。

  • 従来通り会場にお越しいただき、コンサートを楽しむチケットです。
予約について
  • 「来場用チケットを予約する」ボタンを押して申し込みフォームに移動し、必要事項を記入、確認の上、送信してください。
  • 折り返し【予約完了】メールをお送りいたします。
  • 料金は当日精算となります。キャッシュレス決済での精算をおすすめいたします(現金精算ももちろん可能です)。各種クレジットカードのほか、paypayなどのQRコード決済、iD、Suicaなどの交通系電子マネーがご利用いただけます。
  • 来場用チケットは完全予約制となります。予約のないお客様の当日のご入場はできません。
  • 販売数は先着20席までとなります。予定の席数に達した場合はご来場いただけません。ご了承ください。ライブ配信チケットの購入をご検討いただきますようお願いいたします。
  • 今後、感染者数の著しい増加が見られるときは行政の判断にかかわらず、無観客開催とする場合がありますのでご了承ください。
  • 無観客開催になった場合は、会場にお越しいただいてもご入場いただけません。
公演当日の流れ
  • 工房にお越しになる前にご自身の健康状態をご確認ください。発熱や咳などの症状が少しでもある場合は来場をご遠慮ください。
  • 開場は開演時刻の30分前です。なるべく分散してお越しください。
  • ご来場のさいはマスクの着用、咳エチケットなど、お客様個人でできる対策はできる限り講じていただきますようお願いいたします。
  • 受付時に体温を測らせていただきます。37.5度以上ある場合や咳やくしゃみの症状がひどいと認められる場合は、ご入場をお断りいたします。
  • 当日精算のお客様は、キャッシュレス決済での精算をおすすめいたします(現金精算ももちろん可能です)。paypayなどのQRコード決済、iD、Suicaなどの交通系電子マネーがご利用いただけます。
  • チケットの受け渡しはいたしません。
  • 備え付けのアルコールスプレーにて手指の消毒を行ってください。
  • 工房内での会話は極力お控えください。

ライブ配信チケット「おうちでプリモ」 2,000円

申込は終了しました。
  • コンサートをインターネットで生配信いたします。ご自宅など、お好きな場所でお楽しみいただけるチケットです。
  • 購入は開演2時間前(3月21日(日)13:00)までとなります。
  • 3月23日(火)23:59(予定)までアーカイブ視聴が可能です。やむを得ずオンタイムで視聴できなかった場合や、受信トラブルがあった場合にご利用ください。
予約について
  • お支払いはクレジットカード決済のみとなります。Visa Mastercard JCB American Expressがご利用いただけます。
  • ボタンを押した後に出てくるフォームに必要事項を記入して「支払う」ボタンを押すと、直ちに決済されます。
  • 【重要】決済前にメールアドレスが正しくご記入されているか、今一度ご確認ください。
  • 決済画面と入力例(クリックして拡大できます)
  • 決済後、直ちに利用明細と視聴方法を記したメールをお送りいたしますので、内容をご確認ください。
  • 公演中止の場合を除きキャンセル、返金はいたしかねます。
公演当日の流れ
  • 開演の約1時間前と約15分前(予定)に、アクセス用のURLとパスワードをメールでお送りします。
  • アクセス用のURLとパスワードはご購入者本人のみご利用可能です。
  • リンクから公演ページに移動し、パスワードを入力すれば視聴が可能となります。ごゆっくりお楽しみください。
クレジット決済が困難な方
  • クレジットカード決済が困難な方に限り、お振り込みでのお申し込みを承ります。
  • 「希望公演」「お名前」「メールアドレス」を明記の上、info@primoart.jpへメールをお送りください。
  • 折り返し、振込先の口座番号をお知らせいたしますので、すみやかにお振り込みをお願いいたします。

注意事項

  • 今後の状況により無観客開催となる場合があります。ご了承ください。
  • 本公演はインターネットによるライブ配信を含みます。配信には万全の態勢でのぞみますが、配信サービスや受信回線の状況によっては、映像や音声が乱れたり、途切れたりする可能性があります。ご了承ください。
  • 当方の送信トラブルによって動画が視聴できなかった場合は、動画アーカイブ期間の延長をもって対応いたします。
  • 公演中止の場合を除きキャンセル、返金はいたしかねます。

| プリモコンサート