1. HOME
  2. 公演案内
  3. プリモコンサート
  4. プリモオペラ「七つの大罪」「電話」

プリモオペラ「七つの大罪」「電話」

受付は終了しました。

第156回プリモコンサート

昨年9月に開催され、好評を博したプリモオペラの第2弾。今回はクルト・ワイル「七つの大罪」とメノッティ「電話」の2本立て。
来場用チケットはわずか10席のプレミアムチケットとなります。

日時

  • 2021年3月26日(金)19:00開演(18:30開場)

クルト・ワイル「7つの大罪」

アンナ その1:小川嘉世
国立音楽大学声楽科卒業。
東京ミュージック&メディアアーツ尚美ディプロマ科修了。
東京二期会研修所第57期マスタークラス修了。
国立音楽大学東京同調会新人演奏会、東京二期会「新進の夕べ」に出演。千葉県文化振興財団「新人演奏家発掘ちばオーディション」優秀賞受賞。
これまでに「コジ・ファン・トゥッテ」フィオルディリージ、「フィガロの結婚」スザンナ、伯爵婦人、「ドン・ジョヴァンニ」エルヴィラ、「魔笛」パミーナ、侍女、「ラ・ボエーム」ミミ、「こうもり」ロザリンデ、「ドン・パスクワーレ」ノリーナ、「愛の妙薬」、「泣いた赤鬼」ナレーター役に出演し、ベートーヴェン「第九」、ロッシーニ「小荘厳ミサ」のソプラノソロを務める。
宮永康生、吉澤祐江、飯山恵巳子の各氏に師事。
東京二期会、東京室内歌劇場、板橋区演奏家協会会員。
アンナ その2:西村明莉
5歳よりバレエを始める。秋田県湯沢市の佐藤洋子バレエスクールにて佐藤洋子に師事。
2007年東京バレエ団付属東京バレエ学校に入学。
2010年K-BALLET COMPANYにApprentice dancerとして入団。
2014年NBAバレエ団入団。
2015年からロシアブリヤート国立オペラ・バレエ劇場で,古典・初演作品,オペラ等に出演。
2017年帰国し,フリーダンサー,バレエ講師として活動
2019年全国鎌倉バレエコンクール第2位
父:隠岐速人
東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。2013年から1年間のイタリ ア留学を機にテノールに転向。帰国後テノールとして『ラ・ボ エーム』ロドルフォ、『ランメルモールのルチア』エドガルド、『仮面舞踏会』リッカルド、『椿姫』アルフレード、『妖精ヴィッ リ』ロベルト、『リゴレット』マントヴァ公爵『蝶々夫人』ピンカートン、『イル・トロヴァトーレ』マンリーコ役等で出演。 また、モーツァルト《ハ短調ミサ》、メンデルスゾーン《パウルス》、バッハ《クリスマスオラトリオ》、ベートーヴェン《第九》等にもソリストとして出演した。2019年ニューヨークに留 学し、その間IVAI(International Vocal Arts Institute)に特待生として参加。第16回アルタムーラ/カルーソヴォイスコンペティションファイナリスト。2017年Théâtre Lyrichorégra 20主催国際ガラコンサート (モントリオール)に出演。声楽を 櫛田豊、鈴木寛一、望月哲也、直野 資、佐藤峰子、工藤健詞、モチェオ 久美、須藤慎吾、秦貴美子、Angelo Loforese、Gianni Maffeo、Eugenio Fogliati、Luca Gorla、Nazzareno Antinori、Ira Siff、Mignon Dunn、の各氏に師事。国分寺音楽連盟会員。二期会会員。
兄弟1:三浦幸未知マリオ
武蔵野音楽大学卒業。卒業後イタリアへ留学。06年ローマ近郊教会にてモーツァルト生誕250年記念コンサート「戴冠式ミサK.317」のソリストとして招聘される。16年イタリア・ソレント後援による日伊国交150年Sorrento Japan Festivalに出演。18、19年6月イタリア・ローマの教会にてソロリサイタルに出演。18年10月イタリア ローマ Biennale d’Arte Internazionale XIIIにて演奏しPremioを授与される。同年12月イタリア ローマ子供病院にてヴァチカン日本大使館夫人主催のクリスマスバザーにゲストとして出演。19年5月故郷静岡にて静岡空襲を題材にしたオペラ「ある水筒の物語」世界初演に日本兵誠役にて出演。その他、数々のコンサートやオペラに出演している。
兄弟2:中西勝之
東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。同大学院オペラ科修了。
第27回イタリア・モンテプルチアーノ国際芸術祭にてロッシーニ作曲「チェネレントラ」ドン・マニフィコ役、ルチアーノ・シャイー作曲「許婚」チャブコフ役、メノッティ作曲「電話」ベン役。
NHK-FM放送「名曲リサイタル」に2度出演
国際ベルヴェデーレ・オペラ・オペレッタ・コンクール日本代表に選出
ABC新人コンサート出演 大阪ザ・シンフォニーホール、
日本クラウンよりCD「カタリ・カタリ」をリリース。
2007年よりミュージカル俳優として「スウィーニートッド」「ジキル&ハイド」
「レ・ミゼラブル」(新演出版)劇団四季「オペラ座の怪人」等出演。
母:大石陽介
香川県出身。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業、東京学芸大学大学院教育学研究科音楽教育専攻科修了。これまでにオペラ「トスカ」看守役、「アンドレア・シェニエ」家令役、「コジ・ファン・トゥッテ」グリエルモ役、「ラ・ボエーム」マルチェッロ役、「妖精ヴィッリ」グリエルモ役、「椿姫」ジェルモン役、「蝶々夫人」のシャープレス、「イル・トロヴァトーレ 」フェランド「こうもり」のフランク、「君を呼ぶ声」の先生、「森は生きている」の1月「ある水筒の物語」の僧侶で出演した。また、ヘンデル「メサイア 」ベートーヴェン「交響曲第九番」、モーツァルト、ヴェルディ、フォーレ「レクイエム」のソロ等でコンサートに出演。令和2年度島田市芸術文化奨励賞受賞。

メノッティ「電話」

ルーシー:広瀬真弓
相愛高等学校音楽科(声楽)、在学中には、全日本学生音楽コンクール声楽部門に入選。相愛大学音楽学部声楽学科を卒業。相愛大学音楽学部研究科(声楽専攻)を終了。
劇団四季35周年オーディションに合格。
劇団四季在団中(芸名:片岡真弓)は、ミュージカル:「キャッツ」グリザベラ役、「オペラ座の怪人」「エビータ」、「李香蘭」、「赤毛のアン」ステイシー先生役、
「ジーザスクライストスーパースター」、「ドリーミング」ミルクの精、
「王様の秘密」陽だまりの精、「二人のロッテ」イレーネ役、「魔法をすてたマジョリン」等、芝居:「オンディーヌ」水の精、「ハムレット」等に出演。
退団後は、舞台、イベント、コンサート、テーマパークショーの声の吹き替え等に出演。
ミュージカル「パルレ」「ホンク」における歌唱指導。
尚美ミュージックカレッジ専門学校非常勤講師(東京)。
日本橋三越カルチャーサロン、朝日カルチャーセンター横浜、よみうりカルチャー自由が丘、ブレスパフォーミングアーツ等、その他、多数講座担当。
ベン:中西勝之
東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。同大学院オペラ科修了。
第27回イタリア・モンテプルチアーノ国際芸術祭にてロッシーニ作曲「チェネレントラ」ドン・マニフィコ役、ルチアーノ・シャイー作曲「許婚」チャブコフ役、メノッティ作曲「電話」ベン役。
NHK-FM放送「名曲リサイタル」に2度出演
国際ベルヴェデーレ・オペラ・オペレッタ・コンクール日本代表に選出
ABC新人コンサート出演 大阪ザ・シンフォニーホール、
日本クラウンよりCD「カタリ・カタリ」をリリース。
2007年よりミュージカル俳優として「スウィーニートッド」「ジキル&ハイド」
「レ・ミゼラブル」(新演出版)劇団四季「オペラ座の怪人」等出演。

指揮・構成

清水史広
89年相愛大学音楽部卒業。酒井睦雄、尾高忠明、円光寺雅彦の各氏に師事。同年、オペラ「ヘンゼルとグレーテル」で指揮者としてデビュー。
以来コンサートやオペラで幅広く活躍し現在まで、京都市交響楽団、大阪センチュリー交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、オーケストラアンサンブル金沢、京都フィルハーモニー等を指揮。オペラではモンテヴェルディからブリテンに至るまで数多くの演目を指揮する。また95年から98年まで文化庁オペラ研修所の講師として後進の育成に携わり、自らもウバルト・ガルディーニ氏の薫陶を受ける。96年ウィーン及びザルツブルグで指揮した公演は新聞紙上でも「絶賛の嵐」と賞された。以来、欧州でも活動を開始。06年Jean Le Toise Yokomama の音楽監督に就任。07年8月に指揮した「フィガロの結婚」は各方面から高い評価で迎えられた。08年シベリウスの大作「クッレルヴォ交響曲」の関西初演を指揮。2010年藤沢オペラにおいて「道化師」を指揮した公演は「今年最大の収穫」(音楽の友評)と高い評価を受けた。近年ではモーツァルトのオペラチクルスや、鎌倉「第九」またオーケストラアンサンブル金沢制作の「OEK室内オペラシリーズ」など、コンサートオペラ両面で様々な活動を展開している。

ピアノ

田中恭子
桐朋学園大学卒業、同大学アンサンブルディプロマ修了。在学中、桐朋学園大学同窓会より奨学金を授与される。ピアノを紅林こずえ氏に、室内楽を故・ゴールドベルク山根美代子、C.イヴァルディの各氏に、コレペティトールをミラノスカラ座指揮者D.マッツォーラ氏に師事。バイロイト国際青年芸術祭、富山室内楽フェスティバル、京都フランス音楽アカデミー等に参加。桐朋学園大学嘱託演奏員を経て、現在ソロのほか室内楽、声楽・器楽の共演ピアニストとして国内外の音楽家と共演を重ねている。東京室内歌劇場器楽会員。

字幕

今村千里

チケット

チケットには「来場用チケット」と「ライブ配信チケット(おうちでプリモ)」の2種類がございます。

来場用チケット 6,000円(先着10席限定)

来場用チケットは満席となりました。

  • 従来通り会場にお越しいただき、コンサートを楽しむチケットです。
予約について
  • 「来場用チケットを予約する」ボタンを押して申し込みフォームに移動し、必要事項を記入、確認の上、送信してください。
  • 折り返し【予約完了】メールをお送りいたします。
  • 料金は当日精算となります。キャッシュレス決済での精算をおすすめいたします(現金精算ももちろん可能です)。各種クレジットカードのほか、paypayなどのQRコード決済、iD、Suicaなどの交通系電子マネーがご利用いただけます。
  • 来場用チケットは完全予約制となります。予約のないお客様の当日のご入場はできません。
  • 予約は先着順となります。予定の席数に達した場合はご来場いただけません。ご了承ください。ライブ配信チケットの購入をご検討いただきますようお願いいたします。
  • 今後、感染者数の著しい増加が見られるときは行政の判断にかかわらず、無観客開催とする場合がありますのでご了承ください。
  • 無観客開催になった場合は、会場にお越しいただいてもご入場いただけません。
公演当日の流れ
  • 工房にお越しになる前にご自身の健康状態をご確認ください。発熱や咳などの症状が少しでもある場合は来場をご遠慮ください。
  • 開場は開演時刻の30分前です。なるべく分散してお越しください。
  • ご来場のさいはマスクの着用、咳エチケットなど、お客様個人でできる対策はできる限り講じていただきますようお願いいたします。
  • 受付時に体温を測らせていただきます。37.5度以上ある場合や咳やくしゃみの症状がひどいと認められる場合は、ご入場をお断りいたします。
  • 当日精算のお客様は、キャッシュレス決済での精算をおすすめいたします(現金精算ももちろん可能です)。paypayなどのQRコード決済、iD、Suicaなどの交通系電子マネーがご利用いただけます。
  • チケットの受け渡しはいたしません。
  • 備え付けのアルコールスプレーにて手指の消毒を行ってください。
  • 工房内での会話は極力お控えください。

ライブ配信チケット「おうちでプリモ」 3,000円

申込は終了しました。
  • コンサートをインターネットで生配信いたします。ご自宅など、お好きな場所でお楽しみいただけるチケットです。
  • 購入は開演2時間前(3月26日(金)17:00)までとなります。
  • 3月28日(日)23:59(予定)までアーカイブ視聴が可能です。やむを得ずオンタイムで視聴できなかった場合や、受信トラブルがあった場合にご利用ください。
予約について
  • お支払いはクレジットカード決済のみとなります。Visa Mastercard JCB American Expressがご利用いただけます。
  • ボタンを押した後に出てくるフォームに必要事項を記入して「支払う」ボタンを押すと、直ちに決済されます。
  • 【重要】決済前にメールアドレスが正しくご記入されているか、今一度ご確認ください。
  • 決済画面と入力例(クリックして拡大できます)
  • 決済後、直ちに利用明細と視聴方法を記したメールをお送りいたしますので、内容をご確認ください。
  • 公演中止の場合を除きキャンセル、返金はいたしかねます。
公演当日の流れ
  • 開演の約1時間前と約15分前(予定)に、アクセス用のURLとパスワードをメールでお送りします。
  • アクセス用のURLとパスワードはご購入者本人のみご利用可能です。
  • リンクから公演ページに移動し、パスワードを入力すれば視聴が可能となります。ごゆっくりお楽しみください。
クレジット決済が困難な方
  • クレジットカード決済が困難な方に限り、お振り込みでのお申し込みを承ります。
  • 「希望公演」「お名前」「メールアドレス」を明記の上、info@primoart.jpへメールをお送りください。
  • 折り返し、振込先の口座番号をお知らせいたしますので、すみやかにお振り込みをお願いいたします。

注意事項

  • 今後の状況により無観客開催となる場合があります。ご了承ください。
  • 本公演はインターネットによるライブ配信を含みます。配信には万全の態勢でのぞみますが、配信サービスや受信回線の状況によっては、映像や音声が乱れたり、途切れたりする可能性があります。ご了承ください。
  • 当方の送信トラブルによって動画が視聴できなかった場合は、動画アーカイブ期間の延長をもって対応いたします。
  • 公演中止の場合を除きキャンセル、返金はいたしかねます。

| プリモコンサート