1. HOME
  2. 公演案内
  3. プリモコンサート
  4. プリモオペラ アメリア舞踏会へ行く

プリモオペラ アメリア舞踏会へ行く

※受付は終了しました。

日時

  • 2022年5月20日(金)19:00開演(18:30開場)

出演

アメリア:中原沙織

武蔵野音楽大学音楽学部声楽科で学ぶ。小畑朱実、秋山佳子、穂積磨矢子、Lucia Rizzi、Stefano Gibellato各氏に師事。第15回長江杯国際音楽コンクール声楽部門第4位受賞、第30回アジア国際コンサートオーディション優秀賞受賞、同演奏会出演。第50回国際芸術連盟新人オーディションにて奨励賞及び審査員特別賞受賞。これまでに、モーツァルト『魔笛』パミーナ、夜の女王、『ドン・ジョヴァンニ』ドンナ・エルヴィーラ、『コジ・ファン・トゥッテ』フィオルディリージ、ヴェルディ『椿姫』ヴィオレッタ、『イル・トロヴァトーレ』レオノーラ、ビゼー『カルメン』ミカエラ等を演じる。オペラの他、第九ソプラノソロ、ラジオ等出演。元フェニーチェ劇場専属ピアニスト、Stefano Gibellato氏との共演、また現代音楽の新作発表などにも携わる。藤原歌劇団、日本オペラ協会所属。国際芸術連盟専門家会員。東京オペラソリストの会会員。
夫:中西勝之
東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。同大学院オペラ科修了。
第27回イタリア・モンテプルチアーノ国際芸術祭にてロッシーニ作曲「チェネレントラ」ドン・マニフィコ役、ルチアーノ・シャイー作曲「許婚」チャブコフ役、メノッティ作曲「電話」ベン役。
NHK-FM放送「名曲リサイタル」に2度出演
国際ベルヴェデーレ・オペラ・オペレッタ・コンクール日本代表に選出
ABC新人コンサート出演 大阪ザ・シンフォニーホール、
日本クラウンよりCD「カタリ・カタリ」をリリース。
2007年よりミュージカル俳優として「スウィーニートッド」「ジキル&ハイド」
「レ・ミゼラブル」(新演出版)劇団四季「オペラ座の怪人」等出演。
恋人:隠岐速人
東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。2013年、イタリア留学を機にテノールに転向。帰国後テノールとして『ラ・ボエーム』ロドルフォ、『ランメルモールのルチア』エドガルド、『仮面舞踏会』リッカルド、『椿姫』アルフレード、『妖精ヴィッリ』ロベルト、『リゴレット』マントヴァ公爵、『蝶々夫人』ピンカートン、『イル・トロヴァトーレ』マンリーコ、『トスカ』カヴァラドッシ役等で出演。 また、モーツァルト《ハ短調ミサ》、メンデルスゾーン《パウルス》、バッハ《クリスマスオラトリオ》、ベートーヴェン《ミサ・ソレムニス》《第九》等にもソリストとして出演した。2019年ニューヨークに留学し、その間IVAI(International Vocal Arts Institute)に特待生として参加。第16回アルタムーラ/カルーソヴォイスコンペティションファイナリスト。プロアルテムジケ所属。国分寺音楽連盟会員。オペラユニット“カントキューブ”メンバー。
友人:持田温子

日本大学芸術学部音楽学科卒業。同大学院を首席で修了。埼玉県出身。二期会研修所第59期マスタークラスを修了後ポーランドを始めヨーロッパ各地で研鑽を積み、メゾソプラノへ転向。第22回日本演奏家コンクール第1位及び毎日新聞社賞・神奈川県知事賞を受賞。オーケストラ共演者に選出され、東京フィルハーモニー交響楽団と共演。第20回長江杯国際音楽コンクール声楽部門第1位及び中国駐大阪総領事賞(最高位)を受賞。第11回東京国際声楽コンクール第2位。これまでに『コジ・ファン・トゥッテ』ドラベッラ役、『フィガロの結婚』ケルビーノ役、『魔笛』侍女Ⅲ、『霊媒』ミセス・ノーラン夫人役、『椿姫』アンニーナ役などで出演。日本音楽財団ランチコンサートオーディション合格。ショパン歌曲を中心としたリサイタルを開催している他、『狩猟音楽祭2021』や『三枝成彰傘寿コンサート』にコーラスメンバーで出演するなど、幅広いジャンルで活動している。二期会会員。
警察署長:上條力秀

松本深志高校、東京音楽大学声楽科卒業。トランペットを松本浩太郎、北村源三、声楽を坂本紀男、堀江秀一、故マリア・ミネット、澤木和彦、オペラ及び指揮を石橋珠美、清水史広、澤木和彦、鳴海優一各氏に師事。「コシ・ファン・トゥッテ」ドン・アルフォンソ、「ドン・ジョヴァンニ」レポレッロ、マゼット、「フィガロの結婚」フィガロ、バルトロ、アントニオ、「魔笛」弁者、「セヴィリアの理髪師」バジリオ、「チェネレントラ」アリドーロ、「愛の妙薬」ドゥルカマーラ、薬売りの従者(トランペット演奏)、「ルチア」ライモンド、「マリア・ストゥアルダ」タールボ、「清教徒」ジョルジョ、「仮面舞踏会」トム、シルヴァーノ、「椿姫」ドビニ-侯爵、グランヴィル医師、「リゴレット」スパラフチーレ、「マクベス」バンコ 、「ロメオとジュリエット」ロレンス神父、「こうもり」フランク、「トスカ」堂守、「ラ・ボエーム」ショナール、コッリーネ、「ジャンニ・スキッキ」シモーネ、「ヤーザーガー」弟子2他出演。モーツァルト「レクイエム」、ベートーヴェン「ミサ ハ長調」、ヴェルディ「レクイエム」のバス・ソロを務める。植田彰作曲アルト・サックス、ピアノ、ソプラノ、バスのための「約束された花」を初演。ヘンデル・コレギウムに所属、ルネサンス〜バロック音楽を演奏。「椿姫」、「シモン・ボッカネグラ」を指揮。
女中 I:山田裕香

東京音楽大学卒業、東京学芸大学大学院音楽教育専攻音楽コース(声楽)修了。これまでに「フィガロの結婚」スザンナ「カプレーティ家とモンテッキ家」ジュリエッタ「こうもり」アデーレ「メリーウィドウ」ハンナ、ヴァランシエンヌを演じる。2015年オーストリア・ウィーンに短期留学。草津夏期国際音楽アカデミーにてG.ベルタニョッリクラス修了、選抜者コンサートに複数回出演。アジア国際音楽コンクール第3位(1位なし)、2016年夏にウィーン国立音楽大学リストザールにおける記念演奏会に出演。これまでに声楽を平山初喜、市川倫子、秋山隆典、石崎秀和、V.ルキアネッツの各氏に師事。
女中 II:小川嘉世
国立音楽大学声楽科卒業。
東京ミュージック&メディアアーツ尚美ディプロマ科修了。
東京二期会研修所第57期マスタークラス修了。
国立音楽大学東京同調会新人演奏会、東京二期会「新進の夕べ」に出演。千葉県文化振興財団「新人演奏家発掘ちばオーディション」優秀賞受賞。
これまでに「コジ・ファン・トゥッテ」フィオルディリージ、「フィガロの結婚」スザンナ、伯爵婦人、「ドン・ジョヴァンニ」エルヴィラ、「魔笛」パミーナ、侍女、「ラ・ボエーム」ミミ、「こうもり」ロザリンデ、「ドン・パスクワーレ」ノリーナ、「愛の妙薬」、「泣いた赤鬼」ナレーター役に出演し、ベートーヴェン「第九」、ロッシーニ「小荘厳ミサ」のソプラノソロを務める。
宮永康生、吉澤祐江、飯山恵巳子の各氏に師事。
東京二期会、東京室内歌劇場、板橋区演奏家協会会員。
ピアノ:田中恭子
桐朋学園大学卒業、同大学アンサンブルディプロマ修了。在学中、桐朋学園大学同窓会より奨学金を授与される。ピアノを紅林こずえ氏に、室内楽を故・ゴールドベルク山根美代子、C.イヴァルディの各氏に、コレペティトールをミラノスカラ座指揮者D.マッツォーラ氏に師事。バイロイト国際青年芸術祭、富山室内楽フェスティバル、京都フランス音楽アカデミー等に参加。桐朋学園大学嘱託演奏員を経て、現在ソロのほか室内楽、声楽・器楽の共演ピアニストとして国内外の音楽家と共演を重ねている。東京室内歌劇場器楽会員。
指揮・構成:清水史広
89年相愛大学音楽部卒業。酒井睦雄、尾高忠明、円光寺雅彦の各氏に師事。同年、オペラ「ヘンゼルとグレーテル」で指揮者としてデビュー。
以来コンサートやオペラで幅広く活躍し現在まで、京都市交響楽団、大阪センチュリー交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、オーケストラアンサンブル金沢、京都フィルハーモニー等を指揮。オペラではモンテヴェルディからブリテンに至るまで数多くの演目を指揮する。また95年から98年まで文化庁オペラ研修所の講師として後進の育成に携わり、自らもウバルト・ガルディーニ氏の薫陶を受ける。96年ウィーン及びザルツブルグで指揮した公演は新聞紙上でも「絶賛の嵐」と賞された。以来、欧州でも活動を開始。06年Jean Le Toise Yokomama の音楽監督に就任。07年8月に指揮した「フィガロの結婚」は各方面から高い評価で迎えられた。08年シベリウスの大作「クッレルヴォ交響曲」の関西初演を指揮。2010年藤沢オペラにおいて「道化師」を指揮した公演は「今年最大の収穫」(音楽の友評)と高い評価を受けた。近年ではモーツァルトのオペラチクルスや、鎌倉「第九」またオーケストラアンサンブル金沢制作の「OEK室内オペラシリーズ」など、コンサートオペラ両面で様々な活動を展開している。
2019年10月第81回プリもコンサートで、シェーンベルクの「月に憑かれたピエロ」を指揮。
プリモオペラでは第1回「泥棒とオールドミス」第2回「七つの大罪」「電話」第4回「霊媒」の指揮及び構成を担当している。

字幕

今村千里

チケット

チケットには「来場用チケット」と「ライブ配信チケット(おうちでプリモ)」の2種類がございます。

来場用チケット 7000円 (先着10席限定)

※受付は終了しました。

  • 会場にお越しいただき、公演を楽しむチケットです。
予約について
  • 「来場用チケットを予約する」ボタンを押して申し込みフォームに移動し、必要事項を記入、確認の上、送信してください。
  • 折り返し【予約完了】メールをお送りいたします。
  • 料金は当日精算となります。キャッシュレス決済での精算をおすすめいたします(現金精算ももちろん可能です)。各種クレジットカードのほか、paypayなどのQRコード決済、iD、Suicaなどの交通系電子マネーがご利用いただけます。
  • 来場用チケットは完全予約制となります。予約のないお客様の当日のご入場はできません。
  • 販売数は先着10席までとなります。予定の席数に達した場合はご来場いただけません。ライブ配信チケットの購入をご検討ください。
  • 今後、感染者数の著しい増加が見られるときは行政の判断にかかわらず、無観客開催とする場合がありますのでご了承ください。
  • 無観客開催になった場合は、会場にお越しいただいてもご入場いただけません。
公演当日の流れ
  • 工房にお越しになる前にご自身の健康状態をご確認ください。発熱や咳などの症状が少しでもある場合は来場をご遠慮ください。
  • 開場は開演時刻の30分前です。なるべく分散してお越しください。
  • ご来場のさいはマスクの着用、咳エチケットなど、お客様個人でできる対策はできる限り講じていただきますようお願いいたします。
  • 受付時に体温を測らせていただきます。37.5度以上ある場合や咳やくしゃみの症状がひどいと認められる場合は、ご入場をお断りいたします。
  • 当日精算のお客様はキャッシュレス決済での精算をおすすめいたします(現金精算ももちろん可能です)。paypayなどのQRコード決済、iD、Suicaなどの交通系電子マネーがご利用いただけます。
  • チケットの受け渡しはありません。
  • 備え付けのアルコールスプレーにて手指の消毒を行ってください。
  • 工房内での会話は極力お控えください。

ライブ配信チケット「おうちでプリモ」 3500円

受付は終了しました。

  • 公演をインターネットで生配信いたします。ご自宅など、お好きな場所でお楽しみいただけるチケットです。
  • 購入は2022年5月23日(月) 22:00となります。
  • 2022年5月23日(月) 23:59まで何度でも視聴可能です。
予約について
  • お支払いはクレジットカード決済のみとなります。Visa Mastercard JCB American Expressがご利用いただけます。
  • ボタンを押した後に出てくるフォームに必要事項を記入して「支払う」ボタンを押すと、直ちに決済されます。
  • 【重要】決済前にメールアドレスが正しくご記入されているか、今一度ご確認ください。
  • 決済画面と入力例(クリックして拡大できます)
  • 決済後、直ちに利用明細と視聴方法を記したメールをお送りいたしますので、内容をご確認ください。
  • 公演中止の場合を除きキャンセル、返金はいたしません。
公演当日の流れ
  • 開演の30分前と公演当日の23時頃に、アクセス用のURLとパスワードをメールでお送りします。
  • アクセス用のURLとパスワードはご購入者本人のみご利用可能です。
  • リンクから公演ページに移動し、パスワードを入力すれば視聴が可能となります。ごゆっくりお楽しみください。
クレジット決済が困難な方
  • クレジットカード決済が困難な方に限り、お振り込みでのお申し込みを承ります。
  • 「希望公演」「お名前」「メールアドレス」を明記の上、info@primoart.jpへメールをお送りください。
  • 折り返し、振込先の口座番号をお知らせいたしますので、すみやかにお振り込みをお願いいたします。

注意事項

  • 今後の状況により無観客開催となる場合があります。ご了承ください。
  • 本公演はインターネットによるライブ配信を含みます。配信には万全の態勢でのぞみますが、配信サービスや受信回線の状況によっては、映像や音声が乱れたり、途切れたりする可能性があります。ご了承ください。
  • 当方の送信トラブルによって動画が視聴できなかった場合は、動画アーカイブ期間の延長をもって対応いたします。
  • 公演中止の場合を除きキャンセル、返金はいたしません。

| プリモコンサート