fbpx

プリモ芸術工房

いちばんの芸術を育て味わう贅沢。この街の小さな空間から。

スペシャルインタビュー/ピアニスト・松本和将さん

スペシャルインタビュー/ピアニスト・松本和将さん

2018年3月から始まっている「上里はな子・松本和将モーツァルトシリーズ」。
いよいよ第4回(8月31日(金)19時開演)第5回(9月1日(土)18時開演)が近づいてきました。
今回は、ピアニストの松本和将さんにシリーズの聴きどころなどをたっぷりとうかがいました。
是非お読みいただき、コンサートへ足をお運びください!

プリモおじさん
Vol.1-3が終わってみての感想をお聞かせください
松本和将さん
ベートーヴェンのピアノソナタ全曲ならまだしも、モーツァルトを全曲演奏する、それもピアノソナタもヴァイオリンソナタも、なんて事はこういう企画がないとまずやらないことだと思います。この企画がなければもしかしたら死ぬまで弾かなかったかもしれない名曲にいくつもの出会いましたし、プログラムをほぼ年代順に並べることでモーツァルトの人生を追体験し、その時その時の気持ちをより感じ取れるようになった気がします。
プリモおじさん
Vol.4&5の見どころを教えてください。
松本和将さん
ピアニスト的にはやはり、2曲しかない短調のソナタの中の1曲、K.457(8月31日Vol.4公演)が見どころかな、と。モーツァルトの短調の曲はすべて名曲だと言われますが、あまり有名とは言い難いこの曲も聞けば聞くほど染み込んでくる素晴らしい曲です。悲劇的な第一楽章もいいですが、優しさや寂しさや憧れ、様々な感情で包み込んでくれる第二楽章が素敵です。
プリモおじさん
自分がお客さんとして「全曲演奏会」を聴くときの「楽しみ方」やポイントがあれば教えてください。
松本和将さん
僕はとにかく全曲聞きたい、全部知りたいタイプなので、全曲演奏会と言うだけでワクワクします。
プリモおじさん
モーツァルトさんはどんな人だと思いますか?例えば同じクラスにいたらどんなキャラだと思いますか?
松本和将さん
もちろんとてつもない天才。頭の中がコンピューターのようです。あまりにも頭が回転しすぎて、寂しさを噛み締めている暇もなかったんだろうなぁ、とふとかわいそうになる時があります。
プリモおじさん
モーツァルトの作品のなかで一番好きな曲は何ですか(オケ・オペラ含む)?また、好きな録音や演奏があれば教えてください。
松本和将さん
ピアノソナタK.332ヘ長調の第2楽章(9月1日Vol.5公演)。王様や貴族たちの前では決して見せない素顔をほろっとのぞかせているような気がします。
最近は「ハフナー」にもはまってます。マイブームはオイゲン・ヨッフム指揮ベルリン放響。
プリモおじさん
はじめて自分が取り組んだモーツァルト作品は何ですか?また、その時の印象などあれば教えてください。
松本和将さん
んー、覚えてないなー。。小さいメヌエットか何かを弾いたのかもしれません。トルコ行進曲はかなり小さい頃から弾いていましたが、小さい頃は特に好きではありませんでした(笑)。というかモーツァルトは特に好きではありませんでした(失礼)
プリモおじさん
松本さんからみた上里さんはどんな演奏者ですか?
松本和将さん
モーツァルトはピカイチですね!ウィーンで勉強したから、と言うだけではないと思いますが。モーツァルトのヴァイオリンソナタをたくさん弾いて、ずいぶんモーツァルトが巧みに弾けるようになった気がしてピアノソナタを弾くと、1人だと突然モノクロの世界になったような気がして愕然としたことがあります。
プリモおじさん
ヴァイオリンと一緒に演奏することの楽しさや気をつけることはありますか?
松本和将さん
どうやったら2人の持ち寄った音楽が最終的に最高の形で1つになるかを模索しています。どちらかの音楽だけで押し切ってしまってはそもそもアンサンブルをしている意味がないので。自分でも想像しなかったような盛り上がりになると、あー生きててよかったな、と感嘆するものですが、その頂は富士山の頂上のように少しずつ近づいてくるのではなくて、ある時突然目の前に見えるので、そこへの道を探す作業は簡単ではありません(笑)
プリモおじさん
最後に、コンサートに行ってみようかな…どうしようかな…と迷っている方へ、一言あとおしの言葉をお願いします!
松本和将さん
まずは来てみてください。来て損をした、と言う方には今まで1人も巡り会っていません!いや、普通は面と向かって言わないか(笑)。
モーツァルトはそもそも大ホールのために書かれた音楽ではないので、こういうサロンで演奏するのが1番心に伝わると思います。暑い夏にちょうど終わりを告げようとする時期、モーツァルトがきっと沁みますよ。
プリモおじさん
ありがとうございました!

上里はな子・松本和将モーツァルトシリーズ第4回の詳細はこちら
上里はな子・松本和将モーツァルトシリーズ第5回の詳細はこちら